美容整形WEBガイド

オススメ美容整形クリニック



加藤クリニック麻布 ・・・ 豊胸手術・二重手術・若返り・スキンケアのことなら
城本クリニック

・・・ 20年の実績と経験を誇るクリニック!

品川美容外科

・・・ お得なキャンペーン実施中!豊胸術が大幅コストダウン

はなえクリニック ・・・ 美肌専門医がにきびを解決いたします。

脂肪吸引

品川美容外科 

品川美容外科では、2007年1月31日まで、超音波脂肪吸引が10%OFF!詳細は上のバナーから確認できます。

脂肪吸引01

脂肪吸引とは

身体についた脂肪を取り除くのに、最も画期的な方法は、脂肪吸引です。 脂肪吸引は、カニューレと呼ばれるストローのような管を差し込み、皮下脂肪を吸引する治療です。

美容整形で脂肪吸引をするのは、やせたいという願望を叶えるのに非常に効果的で、最短距離であるといえます。脂肪とは身体の体温を調整する機能があり、なくてはならない部位ですが、同時に太る要因でもあります。

人間の脂肪細胞の量は、20歳ごろに決まってしまうと、二度と変化する事はなく、その細胞の増減が体重や見た目に影響します。ですので、脂肪細胞そのものを取り除いてしまう脂肪吸引こそが、最も効率的なダイエットといえるでしょう。

サイトのトップへ ▲

わき腹・お腹の脂肪吸引

わき腹・お腹の脂肪吸引

ウエストのくびれが欲しい方、出てしまったお腹を引っ込めたい方のお悩みを、効果的に解決することができます。この部位が現在最も多く行われている脂肪吸引です。

手術の際は、まずは脂肪を取る部位に麻酔を打ちます。次に、脂肪細胞が十分に水分を含んで膨張したら、左右どちらかの腰の横に、小さな穴を開けます(3〜4ミリ)。その穴からカニューレを用いて脂肪を吸引します。

脂肪の吸引とは、塊をごっそり取るのではなく、蜂の巣状に吸引するため、大きな血管にダメージを与えることはありません。(軽い出血を伴う場合はあります。)

吸引後にこの穴を塞ぎますが、せいぜい1〜2針程度縫うのみです。 この手術での所要時間は30〜40分程度です。

サイトのトップへ ▲

背中・腰の脂肪吸引

意外にも背中の脂肪は、ボディラインへの影響が大きいことをご存知でしょうか?「ぜい肉により丸くなった背中」「ブラジャーや水着の下に脂肪が盛り上がる背中」は強く印象に残るものです。

手術の方法としましては、背中の場合、腰のすぐ上の辺りに左右一箇所ずつ穴を開けます。腰の場合は、ウエストラインよりやや低い場所に左右一箇所ずつ、穴を開けて、脂肪を吸引します。手術の時間は20〜30分程度です。

サイトのトップへ ▲

太ももの脂肪吸引

太ももの脂肪吸引

太ももといえばやせにくいため、美容整形をしたい箇所のトップに上がります。なぜ太ももがやせにくいのか、それは脂肪がつきやすい場所がこのパーツの中に5箇所もあるためです。

表の内側・表の外側・表のひざ上・裏の内側・裏の外側

脂肪吸引の際にもこれらのうちどこを吸引するかを検討する必要があります。表の3ヶ所は一度の手術で同時に行うことが可能です。また裏の2ヶ所に加え、ヒップも同時に脂肪吸引することが可能です。 所要時間は1ヶ所だけなら20〜30分。3ヶ所なら40〜50分です。

サイトのトップへ ▲

ふくらはぎの脂肪吸引

美しいレッグラインを手に入れるには、美容整形の脂肪吸引で、ふくらはぎの脂肪を吸引してしまうのが最も近道であり、効果的です。ふくらはぎは他の部位と異なり、特に技術を必要とするところです。

多くの人の場合、筋肉が発達し、脂肪そのものが少ないので効果のあらわれにくい部位と言われています。ふくらはぎの脂肪吸引に関しては、いかに脂肪を取るというよりかは、いかにキレイに脂肪を残すかがポイントです。

ふくらはぎの脂肪吸引は、まず麻酔を行った後、ひざの裏側のしわの部分に穴を開けて吸引します。左右の片方が済んだ後、もう片方もバランスを考えながら吸引します。筋肉によって太く見えてしまうという場合は、ボトックス注入法などで、筋肉自体を細くする方法などもあります。

サイトのトップへ ▲


いまなら先着限定で無料体験キャンペーン実施中!
痩身に関する悩み、施術に関する質問を専門のカウンセラーがメールやお電話にて無料でカウンセリング随時受け付けています。

二の腕の脂肪吸引

二の腕の脂肪吸引

二の腕の余分な脂肪を取り除くことで、スッキリとスラッとした細い腕にすることができます。通常太りにくい部位ですが、いったん太ってしまうと痩せにくいため、ダイエットをしても簡単には細くなりません。

美容整形の脂肪吸引で、脂肪が溜まりやすい二の腕におさらばすることができます。薄着の季節にもさらすことのできなかった二の腕ではなく、自信を持ってノースリーブを着ることができるでしょう。

二の腕の脂肪吸引手術は、ひじの内側のしわの部分に3〜4ミリの穴を設け、そこから医療用の管を挿入して、脂肪を吸引します。片方が済んだら、もう片方もバランスを考えながら吸引していきます。

特注の極細カニューレの開発により、より細かい部分でも丁寧に吸引することが可能になり、従来に比べてより美しい仕上がりを実現できるようになりました。手術の時間はわずか20〜30分ほどです。

サイトのトップへ ▲

頬の脂肪吸引

ぽっちゃりした頬にコンプレックスを感じる人は、美容整形の脂肪吸引で頬をすっきりさせてみてはいかがでしょうか?ほっそりした、理知的なイメージの顔になるでしょう。手術は、耳の付け根に小さな穴を開け、医療用の管でほほの脂肪を吸引します。吸引後は1針だけその穴を縫うのみです。

但し、取り過ぎてしまうとかえって顔全体のバランスを崩すことになりかねないので、施術経験豊富なドクターのカウセリングを受けることが大切です。所要時間はわずか20分ほどで、その後2〜3週間で頬のふくらみが少なくなり、2〜3ヵ月後には理想のフェイスラインとなっているでしょう。

サイトのトップへ ▲

脂肪吸引後は

美容整形で脂肪吸引をした後の痛みは従来に比べ、非常に楽になっており、2〜3日間は筋肉痛程度の痛みが伴うものの、その期間を過ぎれば、仕事・日常生活等は支障なく行うことができます。

また、傷口についても、3〜4ミリ程度が1ヶ所だけなので、シャワーも翌日より可能で、傷が目立つこともありません。

サイトのトップへ ▲

脂肪をなくす注射・レーザー

脂肪を簡単になくす治療は脂肪吸引のほかにも脂肪を分解するレーザーや、注射があります。

気になる部分に脂肪を溶解させる2種類のアミノ酸注射をすることでスリムアップが期待できるメソテラピーダイエット。効果は脂肪吸引には及びませんが手軽にできて、ちょっと気になる!というところに良いでしょう。普通の注射を打つだけなので、処置は5分ほどで済みます。

サイトのトップへ ▲

日本脂肪溶解オペレーションセンター

日本脂肪溶解オペレーションセンターでは先着100名様限定で脂肪溶解注射をモニター料金にて受付中です。



注目のプチ整形!

今、話題のプチ整形 プチ整形施術方法

美容整形その前に!

心得とトラブルについて 良い病院・医師の見つけ方