美容整形WEBガイド

オススメ美容整形クリニック



加藤クリニック麻布 ・・・ 豊胸手術・二重手術・若返り・スキンケアのことなら
城本クリニック

・・・ 20年の実績と経験を誇るクリニック!

品川美容外科

・・・ お得なキャンペーン実施中!豊胸術が大幅コストダウン

はなえクリニック ・・・ 美肌専門医がにきびを解決いたします。

ワキガ、多汗症

湘南美容外科

ワキガ、多汗症なら湘南美容外科。レーザーサクション法により治療時間わずか30分、再発の心配はありません。いまならキャンペーン価格198,000円で受けられます。

ワキガ、多汗症01

ワキガ、多汗症とは

ワキガ・多汗症などの症状も美容整形で治療することができます。
現在、ワキガに悩む女性が増えつつあるといわれています。これは食生活の欧米化や女性の社会進出など、ライフスタイルの変化が原因の1つであるとされています。

自分の匂いに異常に敏感になって悩んでいる人は多く、実際に病院を訪れて診察を受けると、ただ生理的に汗かきだったとか、糖尿病など病気が原因で匂いを発生していたなどもあるそうです。

それでも体臭で悩んでいる人は、一度クリニックなどのカウンセリングを受けるとよいでしょう。それぞれの症状に見合った治療がありますし、わきがは手術で治すことができます。

ページのトップへ ▲

ワキガについて

ワキガ、多汗症02

ワキの臭いと汗は、大汗腺(アポクリン汗腺)と小汗腺(エクリン汗腺)という2種類の汗腺が関与しています。
アポクリン汗腺は主に体毛のある部位の皮下に多く分布し、粘稠な汗を分泌して下着の黄ばみやわきがの鼻を突く臭いの原因となっています。
アポクリン汗腺から分泌される汗には、脂肪、鉄分、色素、蛍光物質、尿素、アンモニア等が含まれ、乾燥した後ベトベトしたニカワ状に変化して独特の強烈な臭いを発します。

更に、アポクリン汗腺から出た汗と皮脂腺から分泌された脂分がまざると、皮膚の表面の雑菌によって分解され、低脂肪酸やアンモニアに変化します。そしてワカガ臭となるのです。

ワキガを治療するには、このアポクリン汗腺を手術で取り除くしか方法がなく、切除法、皮下組織削除法、皮下組織吸引法、超音波吸引法などがあります。しかし、これらの方法では傷跡が残ったり、汗腺を完全に取り除けないなどの問題点があり、どれも満足できるものではありませんでした。

ページのトップへ ▲


横浜美容クリニックでは、ボトックス注入、マイクロシェービング法、マイクロトリミング法からワキガ、多汗症治療を選べます。まずは無料のメールカウンセリングへ

トリプル・トリートメント法

現在では、「吸引法+皮下組織削除法+高周波で分解」を行うトリプル・トリートメント法というものがあります。最初に吸引法として、わき毛の生え際のところに1センチくらいの小さな穴を開けて細い管を通し、管の先の小さな穴からアポクリン汗腺を強力な吸引器で半分くらい吸いだします。

残った汗腺は、さらにその1センチの小さな穴から、皮下組織削除法という方法で、小さなはさみを用いて取り除きます。
それでもなお汗腺が残ってしまう可能性があるため、高周波という電気を用いて分解し、臭いの基を完全に排除します。

トリプル・トリートメント法はワキガの手術の中でも、傷跡も少なく効果も高いです。
また、治療をした当日から軽いシャワーも可能です。

ページのトップへ ▲

ボトックス注入法

ボトックス注入法は、たんぱく質の一種で交感神経の働きを低下させる作用があります。その作用を利用し、わきの下に注入することでアポクリン腺やエクリン腺の活動を抑制させます。

しかし汗腺を取り除くわけではないので、効果は永続的というわけではありません。ボトックス注入法の注入後、約3ヶ月ほど経過すると、運動神経から新しい運動神経の側副技が伸びるので、新しくアセチルコリンの放出が始まります。ですから、3ヶ月から半年に1回程度、再注入することをオススメします。

個人差もありますが、6ヶ月〜1年位の間は汗の量を抑えることが可能です。
施術の時間はとても短時間で、10分程度です。麻酔の必要はありません。

ページのトップへ ▲

多汗症について

ワキガ、多汗症02

ワキガのメカニズムと同様に、多汗症にもエクリン汗腺が関わっています。多汗症は、ワキの下だけではなく手や足にも起こります。ワキガと多汗症は同じものではないので、多汗症の人が皆匂いが強いというわけではありません。

汗は皮膚の中の汗腺から分泌されています。汗腺は「エクリン腺」「アポクリン腺」と、2種類あります。その中でもエクリン汗腺からは多量の水分と塩分が分泌され、これが多汗症の原因と言われています。

ページのトップへ ▲

多汗症の治療法

多汗症に最も効果があるのが、ボトックス注入法です。
ボトックス注入法をワキの下に注入することで、汗腺への発汗指令を止めることができるのです。
  年に1,2回再注入することにより、数年たてば汗腺が萎縮し、汗の分泌量が低下します。

汗腺を取り除くわけではないので、効果は永続的ではありません。
毎年春先に定期的に注射を行なうなどの工夫が必要です。

ページのトップへ ▲

品川美容外科 

品川美容外科ではワキガ・多汗症治療に最新のトリプル超音波吸引法を導入。いまなら両脇、98,000円で治療できます。


【PR]】 クレジットカード | 草花木果 | 利尻ヘアカラートリートメント | メンズファッション 通販 | ナノアクア ジェルパック | セラムデュー | 青じゅる


注目のプチ整形!

今、話題のプチ整形 プチ整形施術方法

美容整形その前に!

心得とトラブルについて 良い病院・医師の見つけ方